スロットを打つ時の天井狙いのボーダーの考え方

こんにちはセキです。

今回は天井狙いのボーダーについてお話します。

ネットに書いてあるボーダーで狙えばいい?

ネットで「○○狙い目」と調べれば

~ゲームが狙い目と出てきますよね。

サイトによって狙い目のボーダーが多少異なると思います。

果たして、狙い目は高いほうがいいのか?低い方がいいのか?

という疑問が出てきます。

例えば凱旋だったら、

600~、650~、700~、750~、800~、900~

この辺の狙い目になりますよね。

僕の平均の狙い目は700くらいです。(等価)

ですが狙い目なんてモノは上げ下げしてナンボだと思います。

浅いときは620くらいから打ち、深いときは900くらいです。

ボーダーを下げる時の考え方

ボーダーを下げると時間効率が下がるので、

時給が下がります。

後は資金が通常より多くかかります。

僕の場合は、ライバルがいる店舗では

ボーダーを少し下げて打つことがあります

朝から打つ台がないときも、浅めから攻めます。

時間効率が悪いことを利用し、育つ時間まで

ひたすら青田刈りという立ち回りもアリ

だと思います。

凱旋620とか、絆の4スルー100ハマりとか

全然打ちますね。

ゴッド系は期待値が大きいのでオススメです

ボーダーを上げるとき!?

ボーダーをあえて上げるときもあります。

 

・客層が甘いホール、ライバルが少ないホール

天井を意識していないお客さんが多い

ホールですね、ほぼ過疎店ですね。

 

・ホールの傾向が把握できていない(ライバル)

イベント日だけ全リセ!

という店はわかりやすすぎて、ライバルが増えますが、

大晦日、元旦だけ全リセ、

初イベントだけ全リセなどなど

お店側のラインや店内の告知に意識してみると、

自分だけが知っている激アツな

状況が出現するかもしれません。

 

・狙い目が浸透していない台

新台や、マイナーな台

は甘くなりやすいです。

新台は全て知識入れておくと、

かなり拾えます。

バラエティは激アツです。

よく使うホールのバラエティコーナー

の狙い目は全て覚えたほうがいいです。

バジリスク絆の狙い目なんてほとんどの方が

知っていますが、バラの台の狙い目なんて

一般の方はほとんど知りません。

 

以上です。

ボーダーは環境と状況によって変わります。

「この台は何ゲーム以上からしか打たない」

みたいな考え方ではなく、

「今は○○だからボーダー下げて打とう」

などの臨機応変に立ち回りを変えることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.