スロットはギャンブルなのか??実は勝ち方を知れば100%負けない勝負だった!

こんにちはセキです。

ギャンブルっていうと

宝くじ、競馬、競輪、競艇、麻雀、パチンコ
色々想像されると思います。

僕はパチンコスロットをやっていますが

パチンコスロットはギャンブルだと思っていません。

そもそもギャンブルの定義とはなんでしょうか??

賭博とは、金銭や品物などを賭けて勝負を争う遊戯のことである[1]。 金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称である。

日常的に賭博を行う者や、賭博を特に好む者は「賭博師」や「ギャンブラー」、「博打打ち」などと呼ばれている。

賭け事の遊戯(ゲーム)を主催している者を胴元と言う。 胴元(主催者)側が、自分に有利になるように、様々な詐術を用いて表向きのゲームとは違うことが起きるように細工をして行う賭博を、いかさま賭博と言う。よくある手法は、参加者に分からないようなかたちで、なんらかのトリック(技術や道具)を用い、相手を錯誤させ、表向きの確率や期待値(見掛けの確率や期待値)とは違うように、実際の確率及び期待値を改竄して行うことである。いかさま賭博を行う者を「いかさま師」や「ゴト師」などと言う。

引用Wikipedia

ギャンブルというのは、
勝ちか負けか、
どちらかがはっきりしていて
運否天賦で決まるものです。

一か八かの勝負で
勝ち続けることなんてできませんよね?

スロットは正しい勝ち方を知ることで
100パーセント勝つことができます。

短期間で見れば負けることはありますが、
続けていくことで、収支はプラスになっていくのです。

しかし、パチンコスロットで勝てない人はたくさんいます。

それらの人は、ギャンブルという土俵で
戦っている以上勝てることはありません。

セキ
運だけで勝ち続けるのは難しい・・・

勝っている人と負けている人の違いは
期待値を意識して打っているかどうかです。

スロットにお金を入れて出るかどうかとかではなく
スロットにお金を投資して、期待値を取得することで
勝ち続けることができます。

スロットパチンコで勝っている人は
ほとんどいないと言われていますが、

期待値を意識して打っている人だけは違います。
ギャンブルとしてではなく、お金を稼ぐために
やっているのです。

この1部に入るためには
今までやってきたギャンブルを
やめて、勝つための知識をつける必要があります。

特別難しいことではないのですが、
この壁を乗り越えられる人は少ないです。

それほどギャンブルとしての中毒性、遊戯性
などがうまく出来ていて、「期待値」という概念を
うまく理解できていない人がほとんどです。

ですがこのギャンブル脳を捨てることで
スロットで勝つための第一歩を踏み出すことができます。

僕はスロットをギャンブルと捉えるか
投資と捉えるかで、大きく考え方が変わると思っています。

スロットで稼ぐことに興味を持った人はコチラへ↓
【スロット初心者講座】スロット初心者さんはここから




にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.