スロットの閉店チェックのやり方、ライバルと差をつけて収支アップ!?

こんにちはセキです。

今回はライバルと差をつける

閉店チェックについて解説します!

閉店チェックとは

閉店チェックとはパチンコ屋の閉店前に

ゲーム数などをメモすることで、

次の日の稼動に宵越しなどで生かすことです。

例えば

ミリオンゴッド凱旋

800Gがあったら打ちたいですよね

当日じゃあまり拾えません・・・

しかしそれを前日に目をつけておくことで

翌日に期待値のある台を打つことができます。

ほかにも

当日ノーボーナスで

という台があっても

閉店チェックをしていると・・

前日○Gだから打てる!

とすぐに判断することができます。

 

どんなホールで有効なのか?

・データカウンター機が古く前日のゲーム数

がわからないホール

・データロボサイトセブン、データサイトなど

ネットでデータが見れないホール

これらのホールで閉店チェックするのが鉄板です!

 

閉店チェックのメモ

メモの仕方ですが

メモ用紙を使うのではなく

携帯(スマホ)を使いましょう!

オススメはアイフォン5です

(小さいので片手で使いやすい)

あとはガラケーとかもやりやすいと思います

閉店チェックは素早くやったほうがいいので

意識してやっていきましょう^^

自分にわかるようにメモすればいいので

僕は記号と数字でわけています。

台の種類ごとに☆で区切り

そこから隣の台の番号は省略して

ゲーム数をメモします。

番長3の対決カウンターや、

聖也のコスモポイントなども

必ずメモしたほうがいいですね。
かなりライバルと差がつくはずです!

どの店舗から閉店チェックすべき?

複数店舗閉店チェックする場合は

まずは稼動が少ない店からチェックし、

最後に稼動が多い店に行きましょう!

理由は閉店チェックしても

他のお客さんが回してしまう可能性があり

ゲーム数が分からなくなってしまうこと

があるからですね。

閉店チェックが終わったら

翌日どのホールから攻めるか

決めましょう。

○○店は期待値がある台が多いから先に行って

○○店は浅いゲーム数ばかりの台が多いから

時間を少しずらして行く。

閉店チェックをすることによって

効率よくホールを回ることができます。

少し面倒だと思うかもしれませんが、

案外閉店チェックしたほうが

楽に稼動できる場合が多いので

是非やってみてください^^

閉店チェック後は閉店チェック後のデータのまとめ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.