パチンコ屋の会員カードは絶対に作るべし!?

こんにちはセキです。

今回はパチンコ屋の会員カードについて話します。

カード作るのがめんどくさい

カード作る意味が分からない

という方に向けての記事となります!

貯玉ができる

パチンコ、スロットの貯玉、貯メダルすることができます
つまりカードの中に出玉を預けることができるのです。

これは会員カードを作る大きなメリットです。
非等価交換のパチンコ屋さんの場合
景品交換をするたびに換金ギャップが発生します。

換金ギャップとは

非等価交換だと現金投資するたびに損します。、
例えば5,6枚交換(5,6枚で100円)の場合
1000円入れて50枚貸し出しなので
そのまま交換すると900円となってしまいます。

これが換金ギャップです。
現金投資すればするほど、損となるのです。

しかしこれを貯メダルで行えば
換金ギャップは発生しません。

ですので非等価のパチンコ屋は
貯メダルを持っていると有利になります

端数を貯めることができる

特殊景品の交換するとき交換しきれない端数は
お菓子やジュースと交換になります。

大体小さい特殊景品で500円です。
等価だと25枚なので、24枚余ってしまうと、
お菓子、ジュースになってしまいます。

しかもクソ高いです。
うまい棒1本で2枚(40円)とかですからね笑
僕自身お菓子は好きですが、パチンコ屋で
交換するのは、かなり損だと思います。

カードに現金を入れられる

会員カードに現金を入れておくことができます。

パチンコ屋のICカードには大体期限があり、
1日限定のものが多いです。

僕は、よく使うホールとかだと
わざわざ清算するのがめんどくさいんで、
カードの中に入れています。
その方が清算する時間を他のホール
移動時間に使えるし、
換金するのも、暇なときでいいですからね。

来店ポイントが貯まる

お店によっては来店ポイントというものがあります。
1日1ポイント貯まり、
10ポイント貯まったら飲み物
30ポイントなら食品
500ポイントなら家電など、様々です。

無料で勝手に付くのでお得ですね。

僕のマイホのポイントが300ポイント貯まっているので
そろそろ交換しようかな~なんて考えたりしています。

会員カードは何枚作ればいい??


僕は大体30枚くらい持っています。
大体その中で使うのは10枚くらいです。

非等価のお店だったら、
よほど行かないお店でない限り必ず作りますね。

メインで行くホールはもちろん
30分圏内のホールは全て作るのがオススメです。

あまりに遠いと、後で換金するのが大変なのでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.