スロットの設定狙いで期待値を積む方法

こんにちは!セキです。

昔、スランプグラフが右肩上がりな台は

「絶対高設定だ」

と思ってよく打っていました笑

もちろん収支は右肩下がりに

なりましたwww

 

スロットで勝つためには、”設定狙い”という方法もあります。

先に話しておくと、

「月に5万稼げればいいよ!」

と言う人なら無理に覚える必要はありません。

ハイエナだけでも十分です。

 

初心者の方がいきなり始めるのは

少し難しいので、ハイエナをマスターし

慣れてきたら、

設定狙いにチャレンジでいいと思います。

 

最初は、スロットで期待値をつむのには

こういう方法もあるんだという

知識程度で大丈夫です。

 

では解説していきます^^

 

 

スロットには6段階設定があります。

1が最低設定で、

6が最高設定です。

一般的に高設定と呼ばれるのは、

4~6で、機会割でいうと、

大体106~119%です。

 

 

わかりやすく時給にしてみると

106%が3000円程度

119%が9000円程度です。

 

 

 

この設定4~6を狙う立ち回りを

設定狙いといいます。

これだけみると、

「ハイエナより設定狙いのほうがいいじゃん!」

と思うかもしれませんが、デメリットもあります。

 

 

設定狙いのでメリット

 

設定狙いはハイエナと比べると難しい立ち回りになります。

なぜなら設定は目にみえないからです。

「この台スランプグラフが右肩上がりでよさそう!」

というだけでは高設定にたどりつくことができません。

 

なぜならスロットは1でも10000枚出ることもあるし、

6でも5000枚負けることがあるからです。

 

ハイエナの場合、凱旋を700から打つことにより

3000円の期待値を積むことができますが、

設定狙いの場合は打つ前から期待値を出すことができません。

打つ前から設定を見極めることができないからですね。

 

それは打ってみないとわかりません。

終日打ってみてもわからないことがあります。

確定演出(スロットの演出で6確定演出などがある)

それが出ない限り100%高設定とは断言できません。

それほど設定狙いは難しいのです。

 

テキトーにこの台挙動がよさそうだから打つ

なんて立ち回りだとどんどん収支が右肩下がりに

なってしまうでしょう。

設定狙いには、

・このホールには設定がはいるのか?

・どの機種に入るのか?

・いつ入るのか?

・どの場所にはいるのか?

・狙いをつけた台には座れるのか?

このようなステップをくぐらなければいけません。

ですのでハイエナと違い、

あのホールは6確定でてて・・・

並びは何人で・・・

と、調査に非常に時間がかかります。

ハイエナより期待値がデカイ分、労力もかかるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.