スロットのスルー回数狙いとは??スロットハイエナの基本





こんにちはセキです。

スロットで「スルー」という言葉よく聞きませんか?

この「スルー」というのは、天井狙い、ハイエナ稼動にとって

とても重要なものになります。

ハイエナで収支を上げるためにはゲーム数の天井狙い

だけではなく「スルー回数」狙いというものがあるので

ホールではゲーム数だけではなく、スルーにも注目してみましょう。

スルーとは

ボーナスやチャンスゾーンからAT、ARTなどに入らなかった状態を示します。

代表的な機種で説明すると

バジリスク絆

通常時からBCに入れて

BCからBTに入れて出玉を伸ばします。

このBCに入れて、BTに当選しなかった状態をスルーと言います。

BC非当選が2連続だと2スルー、3連続だと3スルーみたいなかんじです。

スルーすればするほど有利?

台によってはスルーすればするほど、

AT、ARTの当選率が上がる台があります。

代表的な機種、バジリスク絆も該当します。

最大10スルーで天井となり、さらにスルーを繰り返すほど

BTへの当選率が上がります。

そのためスルーしている台は狙い目となります。

スルー狙いが甘い

スルー狙いは天井狙いよりライバルが少ない立ち回りとなります。

なぜなら、天井狙いというのは、わかりやすくハマリ台を

拾えればいいので誰しもがゲーム数に注目します。

スルー回数狙いの場合は、台の知識が必要となります

スルーによって当選率が上がる台もあれば変わらない台もあり、様々です。

バジリスク絆の場合は人気機種のため、ライバルが多いですが、

ピングドラム、ジョーズなどのバラエティなどにおいてある台

狙い目まで把握している人は少ないと思います

スロットのハイエナできる台がない・・・

と言う方は是非スルー回数などの台を注目してみましょう!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.